社内飲食費の取り扱い

交際費のうち、1人あたり5,000円以下の社外飲食費について、
これらは、会議費として交際費課税の対象外となり、全額経費にする事ができる。

しかし、法人の役員・従業員またはこれらの親族に対する「飲食費」。例えば、従業員だけでお酒を飲みに行った場合などは、5,000円以下でも「交際費課税の対象」になります。

社内飲食費のいうち、忘年会の費用などは福利厚生費として費用処理が可能。


①分かりやすいサイト

カテゴリー: 法人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です