個人事業主と法人を両立する際の注意点

会社法として下記2つの縛りはあるものの、
税務上は実質課税として、会社と個人を分ける理由が経済的合理性があるかで判断される。要するにただの節税目的の両立ならどちから片方に統一されて課税される。

●会社法の利益相反取引に該当する場合。
例)本人と会社で売買契約。(直接取引)
本人と第三者間の債務を会社が保証する契約(関節取引)→法人成りした時に借入を法人に移す場合に注意。

解決方法:取締役会で承認すれば良い。

①わかりやすいサイト

②わかりやすいサイト

●会社法の競業避止義務に該当する場合。

競業取引とは、「市場と商品が会社の事業と重複してしまう取引」と考えるとわかりやすいでしょう。

①わかりやすいサイト

 

 

 

カテゴリー: 個人事業主, 未分類, 法人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です